横浜で格安の引越しはこちら

横浜の引越し料金が安い時期はいつ?

引越し料金が安い時期を知りたい方へ

 

引越し料金が安い日とは

引越し業者に支払う費用は、横浜からの引っ越し先、荷物量といった内容が変わらなくても時期による変動は必ずあります。

 

特に、年度末である3月や夏、冬の休みでは依頼が重なるために基本料金からして高くなることがあるようです。

 

引越しの時期をあなたが選べるのなら、閑散期にした方が費用もサービスもよりお得に業者に頼めます。引越し費用の料金差は閑散期と繁忙期で倍以上になることもあるのです。

 

ひまな閑散期がいつかというと繁忙期以外と思って差し支えありません。ただし、それ以外の月でも忙しい日、暇な日が存在します。

 

横浜の引越し業者が暇な日は具体的にいつ

引越し料業者が暇なはいつ?

引越し業者は月末ほど忙しくなる傾向が高く、月初から中旬までが暇です。どうしても賃貸の締め日の関係で月末に引越ししたい人が多いからですが、日割りでの計算が可能なのか大家さんと相談してみましょう。

 

また、土日、祝日といった日も忙しくなる傾向が高く、平日は暇な日が多いです。月末の平日と、月初の日曜日となるとかなり微妙ですが、できるだけ安くしたい人は中旬までの平日を選びましょう。

 

最後に大安や友引といった日柄も混雑具合に影響を与えます。これらは日柄の良い日として婚礼や新築の引っ越しに選ばれることが多い日です。これ以外の日を選んだ方が暇である可能性が高いです。

 

横浜市で引越し費用を安くする方法

引越しの御見積書

暇な日を選ぶことが引越し費用を安くする上では重要なポイントですが、もう一つぜひ試して欲しい方法があります。それが複数業者による相見積もりです。

 

横浜市内の多くの引越し業者に見積もりを取れば安いところ高いところが出てきます。その日のトラックの予定がガラガラでどうしても埋めたいという会社があれば、それなりに仕事がある会社もあります。

 

前者であれば激安の引越し費用で依頼できるかもしれません。相見積もりはそういった一社を見つけるのに役立ちます。

 

さらには、そういった会社が何社かあれば見積もり額も値引き競争によってたちまち安くなってきます。安心感を重視して横浜市の大手の引越し業者に頼みたい場合でも値引きを受けやすいです。

 

最安値まで求めてない場合でも相見積もりはおすすめなのです。

 

横浜市で安心な引越し業者の見つけ方

引越し業者の口コミを確認しよう

相見積もりを取って、安い金額の引越し業者が見つかっても安すぎて不安ということもあります。そんな時に利用したいのが口コミです。実際にその引越し業者を利用した人の感想はサービス内容を推し量るのに役立ちます。

 

安かろう悪かろうでは頼んで後悔するかもしれません。中には家具がボロボロになったり、家が傷だらけになったり、物が壊れているのに保障をしないという引越し業者もあるようですから。

 

なんとか交渉を続けて保証したとしても、損した気分は免れません。また引越し業者によっては最初に安い見積もりを提示して当日に追加料金を取ろうという会社もあるようです。

 

そんな引越し業者に引っかからない為にも口コミの確認は大切です。
参考:やはり横浜市内の大手の引越し業者が安心なのか?

 

エアコンやピアノ運送も重要なポイントです

エアコンの脱着

引越しにつきもののエアコンの脱着やピアノ運送に掛かる料金も引越し費用を安くする上で避けては通れません。いくら引越し料金が安いと思っていてもエアコン脱着やピアノ運送が割高ということはあり得るのです。

 

これらも含めて引越し業者の料金は比較しないといけません。また面倒だからとこういったサービスを引越し業者任せにする方も多いですが、結局は下請けに回しているだけです。

 

引越し業者経由ということでお得な価格になっていることもありますが、リベートを取っている分だけ自分で直接探した方が安く場合もあります。

 

最近ではエアコン脱着やピアノ運送の比較サイトもあるので、これらを活用して引越し業者と同様に相見積もりを取ってみましょう。
参考:エアコンお買い得ドットコム
参考:エアコン工事をまとめて頼めば格安料金?

 

良い引越し業者が見つからなければ自力での運搬も考える

自力で引っ越し

繁忙期に引っ越しするしかなく、引越し業者に頼めなかったり、見積もりが高すぎる場合は自力での引越しも検討してみましょう。

 

新築の家への引越しで古い家具はほとんど捨てていくような場合であれば自家用車やレンタカーを使って自分で引っ越しをできないこともありません。

 

普段、事務仕事をしているような方では大変だと思いますが、体力に自信がある方なら選択肢の一つとして考えても面白いのではないでしょうか。

 

 

 

Twitter Facebook LINE