横浜で格安の引越しはこちら

損しないために知りたい引っ越しの料金相場

引越し料金の相場は見積もり前に知っておきたい

 

引越し料金の相場を知りましょう

横浜での引っ越しにかけるお金を節約するために、事前に情報を集め、目安になる基本的な引越し費用の相場を理解すると良いでしょう。

 

ただ、一言で相場と言っても引越しにおいては判断が難しいです。例えば一括見積もりサイトである引越し侍では、荷物量と引越しする時期、新居までの移動距離というたった3つの項目で相場を表示します。

 

各項目の選択肢も荷物量なら一人暮らし、2人、3人以上とたったの3つだけ。この選択肢にあなたの引越しがぴったり合う内容だったら良いのですが、少しでも違うと最終的に計算される相場には大きな開きが出ます。

 

一口に一人暮らしと言っても、荷物量には大きな違いがある場合もあります。軽トラで楽に積める場合もあれば、2tショートトラックに満載の荷物も普通にあります。

 

時期も繁忙期、通常期と2つの区分しかありませんが、通常期でも月末の日曜日と中旬の平日とでは値段にかなり開きがあります。その月の最も忙しい日と暇な日では倍ほど値段が違っても不思議ではありません。→引っ越し料金が安い時期はいつ?

 

距離は15km、50km、100km、200km、300kmと5つの選択肢しかありません。ただ15km未満の移動距離であっても、渋滞する道とそうでない場合では移動時間が全く異なってきます。引越し業者が気にするのはどれだけ時間が取られるのかなのです。

 

相場はあくまで相場という認識でいないと、表示された数値と実際に見積もりしてもらった金額に愕然とするかもしれません。相場料金が5万円でも実際に見てもらった引越し業者の見積もりが10万円を割らないということも普通にあります。

 

引越し費用の相場が分かったらどうする?

おおよその相場が分かったら、複数の業者に見積もりを依頼して、相場より安いお財布に優しくて、サービスに力を入れている業者を探しましょう。

 

例えば一社しか呼ばないとしたら10万円の見積もりを出された時に、相場より高いという思いしかないはずです。しかし、5社以上の引越し業者の全てが10万円以上の見積もりを出すなら、やはりその金額が相場ということなのです。

 

ただし、最初に提示される引越し料金は値引きする前提ということも良くあります。もう少し安くならないかと交渉をすれば、日程によっては半額くらいになるのは良くある話しです。

 

引越し業者が値下げ要求にあまり応じないなら、比較的忙しい日の可能性が高いです。もし日程の変更ができるのであれば考えてみましょう。

 

2割3割引きくらいは簡単に値下げしてくれるはずです。一社でも安い引越し業者があれば、その見積もりを他社にぶつけてみるのも一つの手です。あなたの引越しを受注したいと業者が考えているなら、さらに値段を下げてくるはずです。

 

横浜で引越しを格安にしたいなら、ここまでやってみるべきです。

 

ただし、安い引越し業者が絶対に良いという訳ではありません。あまりにサービスが悪いようでは頼んだことを後悔するでしょう。他社に比べて極端に安い業者があったなら口コミなどを確認してみることをおすすめします。
参考:評判と引越し達人の体験談から探る!引越し業者人気ランキング

 

 

Twitter Facebook LINE