横浜で格安の引越しはこちら

横浜の引越しは暇な日ほど格安かも

引越し業者が暇な日を選べば格安になるかも

 

引越しを激安でするには?

横浜市内における引越し料金で激安見積もりを受けたいなら、とても効果的な方法が引越し日を変えることです。引っ越しは日によってトラックの予定が信じられないほど違います。

 

特に長距離引越しは単価が高いために業者ごとの料金差も大きくなりがちです。簡単に一社の見積もりだけで決めてしまうと損をしてしまうことになります。
参考:横浜発の長距離引越しで激安見積もりの為の秘訣

 

何十台もあるトラックが1台も動かない日があれば、トラックが全台出払い午前・午後の予定まで埋まっている日まであります。

 

忙しい日は当然引越し料金も当然高いです。反対に暇な日はかなり安い見積もりを受けられることがあります。トラックは置いておくだけでも固定費が掛かります。

 

事務所の維持費だってそうです。正社員も暇な日だからってそうそう休ませる訳にもいかずに、そういった日はトラックの洗車や整備、ゴミ処理をしに行くこともあります。

 

そんな日なら相場よりはるかに安い引越し料金でも仕事を取りたいと思う引越し業者は多いはずです。正社員を働かすのも大きな理由ですが、フリーターが働くことができないと辞めて行くのも業者としてはデメリットです。

 

フリーター確保の為の求人誌掲載にも多額の費用が掛かっています。ただでさえ長続きしない引越しのアルバイトを簡単に辞めさせるわけにはいかないのです。

 

具体的に忙しいのはいつなの?

具体的に安い日は?

忙しいので代表的なのは三月~四月の繁忙期でしょう。この時期はいつもの二倍を超える金額を提示されることもよく聞く話です。引越し業者へ頼むのも大変なので、できることなら避けたい時期です。

参考:2019年も「引越し難民」が急増?引越し難民にならないためには

 

ただし、月を超えて引っ越し日を変えるのは実際には無理という人も多いでしょう。

 

そんなあなたにおすすめなのが一ヵ月の中で格安日を選ぶ手法です。その為には、まず忙しい日を知ってください。

 

土日祝日、賃貸物件の関係上月末も受注が集中する可能性が高まります。また、引越しで日柄が良いとされている友引や大安も横浜市で引越し料金が高くなる傾向が強いです。

 

これら以外の日を選択すれば繁忙日よりは確実に安い見積もりを受けることができるでしょう。

 

中小企業の場合は、たった一件の受注でたちまち予定が激変してしまうことがあります。

 

現実的には見積もりを受ける時に「暇な日でよいから安くしてほしい」と交渉するのが、最も良いでしょう。

 

また、横浜市内の引越し業者によってはホームページ上で閑散日を確認できるところもあります。

 

こういった情報を参考にするのもおすすめなやり方です。

 

 

 

Twitter Facebook LINE